平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

リウマチの進行がはやい!ひたのこリウマチ闘病記(2)

 どうも。ひたのこです。

病歴19年のリウマチ患者です。(2020年現在)

これは、そんな私の現在までの闘病記です。

 

今回はリウマチと診断されてから初期の頃のお話です。

 

急な坂を転がり落ちるような病気の進行


f:id:hitanoko:20191223001108j:image

 

最初の診察で処方してもらったお薬〈ロキソニン〉。

いわゆる“ 痛み止め ”です。(市販もされているので、聞いたことがある方も多いのでは?)

 

初めて飲んだ時、本当に効きました。

久しぶりに痛みを感じない嬉しさに、はしゃぎました。

 

まさに『パヤパヤ』♪(´ε` )

 

もう私大丈夫なんじゃない?

このまま治っちゃうんじゃない?

 

そんな安堵感と明るい気持ちでその日は久しぶりにぐっすり眠る事ができました。

 

 

・・・。

 

 

『あれ…。やっぱり痛いわ。』

 

朝、目が覚めると夕べの『パヤパヤ状態』は終わっていました。

 

『でも、薬飲めばまた痛みなくなるんでしょ?』

 

朝食を食べ、薬を飲みました。

 

 

うん、確かに痛くない。

 

でも昨日よりなんか効き目が…。気のせいかな?

 

そして2日経ち、3日経ち、、、。

 

 

次の診察の時には、初診の時より悪化していました。(・_・、)

 

 

もう、痛み止めなんてほとんど効かない。

ダルいし熱っぽいし、体中痛いし!!

手もパンパンに腫れて、指が曲がらない。

 

オマケに足までパンパンで、ゴム手袋に空気を入れたみたいな腫れ方っていうのかな?

足の指がちゃんと床についてないんですよ(笑)。

 

だから、歩くときにすっごく不安定でこわくて。

 

姉にしがみ付くようにして、何とか2回目の診察に行きました。

 

 

その日も血液検査をしたのですが、いや~、もう炎症がすご~い

 

先生曰く、『本当ならもう一週間位様子をみたかった』らしいのですが、症状があまりに強いので「別のお薬を出しましょう」と。

 

 

前回処方してもらったお薬は〈ロキソニン〉。非ステロイド抗炎症薬と呼ばれているものです。

 

痛みの元となる物質を抑える効果があります。ですが、所詮は“痛み止め”(-_- )

 

病気の進行を止める事はできません

 

そこで新たに処方されたのが

〈リマチル〉

というお薬。

 

 

この薬は《抗リウマチ薬》と呼ばれるタイプのもので、免疫に働きかけ、病気の進行を抑える効果があります。

 

おおっ?!なんか効きそう!

 

もはや、痛みで藁をもつかむような気持ちの私。

『早く出して~』なんて思っていると、先生からの注意事項が…。

 

 

「この薬は効いてくるまでに1~2ヶ月かかります」(´-ι_-`)

 

 

・・・

 

 

なぁ~にぃ~~?!!!

((((;゜Д゜))))

 

 

 

 

なんてこと、、、 。

に、2ヶ月・・・?それまで私、保つのかな?

 

でも、しょうがない。

先生も「一緒に頑張りましょう」って言ってくれてるし…。

 

そうして私は新たなお薬〈リマチル〉と、前回も処方された痛み止め〈ロキソニン〉を手に、不安な気持ちで帰路についたのでした。

 

             ~つづく~ 

↓ブログランキングに参加しています。

 ポチッとしていただけると、励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 ↓闘病記の続きはこちら↓

www.hitanoko.com