平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

梅雨の時期の過ごし方。2020年5月31日のリウマチ日記


f:id:hitanoko:20200531233702j:image

5月も今日で終わり。

なんか早いな~。(^_^;

年でしょうか。

 

今日は朝から曇りがちで、湿度が高くて。

空気が肌にまとわり付く感じがちょっと不快です。

 

昨日洗濯をしなかったので今日まとめて洗いましたが、カラッと乾いてくれなくて仕上げは除湿機にお任せ。(^-^)

いつも頑張って働いてくれる、とーっても良い子です。

 

特にこれからの湿度が高い季節、我が家の守り神みたいな存在で。

カビが生えるのを防いでくれている気がします。

今年も頑張ってもらわないと。

 

本日の体調ですが、昨日よりだいぶいいです

 

まあ、昨日が酷かったので。σ(^_^;

 

おかげさまで頭痛もなくなり(原因何だったんだろう?)、咳も昨日より随分と減り。

強い咳止めは今のところ飲まずに過ごせています。

 

ただ、体のダルさと右腕の痛み、左の股関節の違和感はまだ残っていて、あまり無理はできないな~、という感じ。

 

これは天気のせいかな?

 

四国地方が梅雨入りしたそうなので、こちら(関東某県)もそろそろなのでしょうか。

 

これから梅雨に入れば、リウマチの患者さんはもちろん、普通の人ですら体調を崩しやすくなりますからね~。

体調管理には充分気をつけたい時期ですよね。

 

梅雨の時期って、なんかやる気が起きないし体がすごくダルく感じませんか?

このダルさは低気圧が原因みたいです。

 

これに大きく関わっているのが自律神経

交感神経とか副交感神経って聞いたことありませんか?

 

交感神経は言うなれば「活発モード」。

副交感神経は「お休みモード」と言った感じでしょうか。

 

通常なら昼間に交感神経が優位になり、夜は副交感神経が優位になります。

 

ところが、脳の中にあるバロレセプター(圧受容器)というところが、低気圧を感知すると副交感神経(お休みモード)を活性化してしまうのです。(逆に高気圧の時は交感神経を活性化します)

 

梅雨の時期はどうしても低気圧が多く発生しますから、そのために副交感神経が優位になりやすい。

その結果、ダルい日が多くなるという事らしいです。

 

また、鬱症状のある人はこの時期に症状が悪化しやすいので注意が必要です。

 

ではこの副交感神経が優位な状態(やる気起きない、ダルい)から、交感神経が優位な状態にするにはどうすればいいのか?

 

それは

「自律神経に適度なストレス=刺激を与える」

事だそうです。

 

その具体的な方法は以下の通りです。(※個人差があります)

 

  • 朝起きた時や空腹時に冷たい水を飲む。
  • コーヒーやお茶などのカフェインが含まれている物を飲む。(飲み過ぎは禁物)
  • スパイシーな物を食べる。
  • 肉類を食べる。
  • 適度な運動をする。
  • 暖色系のビビッドな色のものを身につける。
  • 42℃ぐらいの少し熱めのシャワーやお風呂に入る。
  • 日の光を浴びたり、外の空気を吸う。

などなど。

 

人によっては副交感神経が優位になりやすいタイプとそうでないタイプがあるみたいでして。

私は絶対に副交感神経が優位になりやすいタイプな気がする、、。(-_- ;)

 

このブログをよく読んでくださる方はご存じかもしれませんが、しょっちゅう「やる気が出ない~」とか「何もしたくない~」などと喚いております。σ(^_^;

 

なので、これらの方法を上手く取り入れて、梅雨の時期も活発に気分良く過ごしたいものです。

 

水風呂に入ったり乾布摩擦をすると一気に交感神経を目覚めさせる事ができるようなのですが、さすがに水風呂は厳しいかな、、。

 

試したい方は体調などを考慮して充分気をつけて行ってくださいね。

 

また、これらの方法は個人差や向き不向きもあります。

色々試してみて、自分にあった方法を見つけてみてください。

 

特に同病(リウマチ、間質性肺炎、シェーグレン症候群)のみなさん、つらい時期がやって来ますが頑張ってやり過ごしましょうねーーーー。(ノД`)

 

↓ブログランキングに参加しています。

 ポチッと応援していただけると大変励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ