平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

粘膜に良い食品。2020年5月28日のリウマチ日記


f:id:hitanoko:20200528221009j:image

今日も気温が高かったー。

 

でも窓から入ってくる風がそよそよと気持ち良くて。

午前中はずっと寝てしまった。(^_^;

 

今日はコーヒーを我慢したので、もの凄い睡魔が朝から襲ってきまして。

何度か起きようと格闘するも、また深い眠りに引きずり込まれ。

気がついたらお昼を過ぎていました。

 

起きた途端に咳が出始めまして。

「薬飲まなきゃ!」

と、急いで昼食の支度をし。(食後のお薬ばかりなので)

 

その間にもずーっと咳が出るので、結果的に二種類の咳止めを飲みました。

 

私は二種類の咳止めを処方されていて、毎食後に飲む錠剤のお薬と、咳が酷い時に飲む粉のお薬

 

でも、最近はこの粉のお薬を飲む回数が増えていて。

 

以前は本当に酷い時以外、飲まなかったんですけど。

嗚咽みたいな咳が出る時とか、腹筋が疲れる程に力が入ってしまう咳とか。

だけど、最近は空咳とかでも回数が多いと飲んでしまう。

 

だって、疲れちゃうんだもん。

 

疲れるほど咳してから飲んでも、その後も疲れを引きずって動けない事が多いし。

それなら「体力を消耗する前に飲んでしまえー」って感じで、つい、、。

 

不思議よね。

寝ている間はほとんど出ないのに。

 

たま~に咳で起こされる時もあるけど、滅多にないかな?

 

起きると何が変わるのかな?

何が咳への刺激になっているんだろう?

この喉や気管支の粘膜が敏感になっている感覚の原因は何なのだろう。

 

食事もそれなりに気をつけているつもりなんだけど。

 

例えば、ビタミンAは粘膜の元になるらしいので、かなり意識して摂っています。

 

特に、人参はビタミンAが豊富だし肺がんの予防にもなると本に書いてあったので、切らさないように常に冷蔵庫に入っています。

 

間質性肺炎の患者としては、気になるじゃないですか。肺がん。

 

本当はウナギを食べたいけど。(ウナギもビタミンAがすごい)

お値段がね、、。(つд`)

 

オメガ3という油も粘膜に良いとされているので、摂れる時には意識して摂っています。

マグロとかサケなどのお魚とかですね。

 

他にもクルミとか豆類なんかにも含まれているそうなので、ちょこちょこ食べているんですけど。

(ちなみにエゴマ油、シソ油、亜麻仁油なんかにも含まれているそうです。)

 

それでも咳が減らない。

 

摂っている量が少ないのか、それとも粘膜を強化したところで間質性肺炎の咳には関係ないのか。(~。~;)?

 

どうすれば咳が減るのか、答えが欲しいなあ。(・_・、)

 

 

いつも応援してくださる方々、ありがとうございます。

とても励みになっております。┏○ペコッ

ブログランキング・にほんブログ村へ