平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

ジャンクフードが食べたい時。2020年5月18日のリウマチ日記


f:id:hitanoko:20200518224425j:image

今日は朝から曇り。

 

昨夜のうちに少し雨が降ったのか、道路がうっすら濡れていました。

 

湿度も高くて、少し不快感があり。

 

「何だか気分が上がらないな~。」

と思って、ミルクたっぷりのコーヒーを淹れて飲みました。

 

甘さもいつもより強め。(ラカントだけど)

おいしい、、。(っ´ω`c)♡ホゥ

 

ただ、今日は朝から咳が。

 

回数がすごく多いわけではないのですが、気管支辺りで何かが絡んでいる感覚があります。

そしてその感覚は時間を追うごとに強くなってきている感じ

 

仕方なく、ちょっと強めの咳止め(コデインリン酸塩散)を夕食後に服用しました。

 

それと息が切れやすいです。

ちょっと動くと息が上がる。

 

ゴミ捨てに行っただけで、かなりハアハアしました。

息が整うのに少し時間がかかって。

 

今日はあまり無理しない方がいいみたい。

大人しくしていよう。

(↑家事をサボる口実(^_^; )

 

という事で、本当にあまり動かなかった。

 

きのう爆発していた食欲も少し治まりましたが、まだ何処かでくすぶっていて。

 

そんな私に姉が買ってきたおやつ。

(私がお願いしたんだけど)


f:id:hitanoko:20200518224519j:image

 

フライまんじゅう~。(っ´ω`c)

 

中にはこしあんが入っています。

あんドーナツの砂糖がかかっていないバージョンってカンジ。

 

私の最近のお気に入りです。

 

揚げてあるので、当然カロリーはお高め。

(100グラムあたり361キロカロリー)

だから、しょっちゅうは食べられませんが、「ここぞ!」という時のおやつ。

 

体に悪そうなモノ(いわゆるジャンクフード)がどうしても食べたい時って、ありませんか?

すごく疲れている時とか、女性だったら生理前や生理中など。

 

でもこの気持ち、脳の機能が低下している事が原因かもしれません。(||゜Д゜)

 

背外側前頭前皮質(はいがいそく ぜんとう ぜんひしつ)の機能を一時的に低下させる実験で、被験者がカロリーの高い食べ物を欲するようになるだけでなくて、実際にジャンクフードを食べる傾向がみられたそうです。

 

この背外側前頭前皮質という脳の部位は、いわゆる前頭葉の前側にあります。

 

前頭葉には感情を抑制する機能があって、普段なら「体に悪いから止めとこ。」とか「ガマンしよ。」って思っている事も、機能が低下すると判断が鈍ったり、ガマン出来なくなってしまうらしいです。

 

理性が効かなくなって、本能(この場合、食欲)が暴走しちゃう感じ?

 

これ、昨日の私だ、、。(^_^;

 

この背外側前頭前皮質の機能低下は、ストレスなどでも起こるそうです。

 

納得~。

ストレス溜まってたわ~。←(※言い訳)

 

特に女性にこの傾向が強いらしい。

 

では、この食欲の暴走を止めるにはどうすればいいのか?

 

それは、

「食べたい物を食べた想像をめっちゃする!」

という事です!

 

脳は新しい物が好きなので、慣れてきてしまうと欲しくなくなるらしく。

食べたい物をめちゃくちゃ食べる想像をすれば、脳はその欲求に慣れてしまって実際に食べる量も減ると。

 

これを心理学で「馴化(じゅんか)」と言うそうです。

 

ただ気をつけたいのは、想像した物にしか効果がないという事です。

つまり、どんなにチョコレートをたくさん食べる想像をしても、実際に食べる物がポテトチップスだったらポテトチップスを食べる量は減らないという事。

 

その点を間違えなければ、食欲の暴走を抑えられるかも。(๑^ᴗ^๑)

 

今度、食欲が暴走しそうな時に試してみよーっと。

 

↓ブログランキングに参加しています。

 ポチッと応援よろしくお願いします。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ