平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

コロナへの武器になるか期待!2020年5月6日のリウマチ日記


f:id:hitanoko:20200506231454j:image

今日は朝から天気が悪く。

10時頃にはしっかりした雨が降ってきました。

 

空は真っ暗。

ひとしきり降ったら少し明るくはなりましたが、それでも一日中どんよりとした空の色でした。

 

そのせいなのか、またしても咳多め。

じっとしていれば大丈夫なのですが、ちょっと動いただけで出る出る(笑)。

 

ご飯作りながらずっと咳してました。(^_^;

マスクしていなければ、飛沫かかりまくり~。

 

昨日の昼間はけっこう調子良かったのに。

夜になったらちょっとしつこい咳が出てきたけども。

 

上がったり下がったり、ジェットコースターみたいな体調だな~。( ̄。 ̄;)

 

疲れちゃって、ダルいです。

 

そういえば、東京の新たな感染者数が本日は38人だったそう。

まだ油断は出来ないけれども、自粛の成果が数字になって出てくるのはやっぱり嬉しいと感じてしまいます。(東京に住んでいるわけではないけど)

 

後はワクチンができればいいのにな~、と思いますが、こちらはきっと時間がかかるでしょうねー。

 

でも仮にワクチンができても、免疫を抑制する治療を受けている人達はワクチン接種できるんだろうか?( ̄。 ̄)?

ちょっと怖い気もするなぁ。

 

まあ、ワクチンができるまでは、今ある薬の中から効果のありそうな物を探して行くしか無いんでしょうけど。

 

レムデシビル」も「アビガン」も、効果が認められれば今月中にも承認するようですし、なんとか効いて欲しいですね。

 

ただ「レムデシビル」に関しては製薬会社がアメリカなので、お高そうな気がしませんか?

アメリカもお金を稼ぐ事に関してはかなり貪欲なお国柄ですし、、、。

 

それを考えると、「アビガン」や「イベルメクチン」や「アクテムラ」に期待しちゃいますね~。

この3つは日本の会社だし。ですよね?

値段を気にしている場合じゃない?

 

まあ、どのお薬も武器の1つとしてあるに越したことは無いですが。

使いどころも違うようですし。

 

アビガン」は、もともと抗インフルエンザ薬として開発された物だそうで、錠剤です。

まだ軽症の段階で使用するのが効果的みたいですね。

 

レムデシビル」は、エボラ出血熱の治療薬として開発されたお薬で、点滴で投与するみたいです。

こちらも、重症化前の患者への投与で、効果が顕著にみられたらしいです。

 

アクテムラ」は、リウマチの治療薬にも使われているお薬で、点滴でも注射でも使えるみたいです。

この新型コロナにかかると、免疫がウイルスに対して過剰に反応してしまい、免疫が暴走して炎症がひどくなるらしいです。その結果、肺炎などが進み重篤化する可能性があると。

その暴走を、免疫を抑制するこの「アクテムラ」を使う事によって抑えられるのではと期待されているみたいです。

 

イベルメクチン」は動物用の寄生虫を駆除する目的で作られた薬ですが、人にも効く事がわかって海外では普通に使われているそうで。

海外でコロナにも効くとの報告があるようなので、これから治験らしいです。

 

これらの薬は、まだ確実に効くと言える段階ではないようですが、期待してしまいますね。

効く薬が確定してくれば、医療従事者の方達の負担も軽くなるでしょうし。

 

どうかコロナに対する武器になりますように。

そして、一日も早くコロナなんかに怯えない暮らしに戻りますように。

 

それまでは、頑張って感染しない・させないように気をつけましょ。(^_^)ゞ

 

↓ブログランキングに参加しています。

 ポチッとよろしくお願いします。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ