平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

咳が出ない!2020年5月1日のリウマチ日記


f:id:hitanoko:20200501224817j:image

今日は暖かかったですね~。

そのお陰なのかは分かりませんが、

 

咳が出ない!(`ω´*)b

 

すご~い。

不思議なくらい出ない。

 

なので体調は良かったのですが、昨日の咳の疲れがまだ残っているし、声もかすれ気味なのでお昼寝いっぱいしちゃいました。(^ー^;)

基本、ナマケモノです。

それにしても、昨日の咳の多さは一体何だったんだ?

 

そういえば、今朝通院している病院から電話がかかってきて、一瞬ドキッとしました。

もしかしてコロナ感染者が出て、病院が封鎖されたんじゃないか、と。

来週に診察の予定なので、そのお知らせの電話なのかと考えてしまいまして。

完全に早とちりでした~。

 

よかった、、、。(・_・;)

 

でもコロナ対策のお知らせでした。

〈病院の出入口は、朝8時にならないと開かなくなった〉という事と、〈来院者には、必ず検温をしてもらうようになった〉との事です。

 

東京の新たな感染者数も減少傾向にありますが、やはりまだまだ警戒が必要ですから。

(私は東京のお隣県に住んでいます)

今日また100人超えましたし。

 

このコロナの対策に、今あらゆる所が忙しくて大変な事は想像に難くないのですが、個人的に心配なのは保健所です。

 

私はリウマチと間質性肺炎の他に、シェーグレン症候群の患者でもあります。

 

このシェーグレン症候群は難病に指定されている病気で、そのお陰で医療費がかなり安くなるのですが、その助成を受ける為には手続きが必要で。

『特定医療費(指定難病)医療受給者証』という手帳のような物を交付してもらう必要があるのですが、その管轄が保健所だったような。

 

毎年更新しないといけないのですが、その更新時期が6月末~7月頭くらいで。(自治体によって違うかも)

今はコロナ対策で余裕なんてないだろうし、今年の更新はいつも通りに出来るのか心配なんです。

 

まだちょっと気が早いですが、更新の為に揃えないといけない書類などもありまして。

主治医に診断書を書いてもらったり、住民票課税証明書を役所で取らないといけなかったり。

けっこう大変なんですよね。

 

手続きをする人はみんな病人なのに、暑い時期に動かないといけない。

「殺す気かーーー!」

と思うこともあります。(-_-#) 

 

そんな訳でいつも体調を見ながら準備を進めるので、必要な物を揃えるためにちょっと時間がかかるんです。

健康な人なら一日で全部揃えられるでしょうけど。

 

毎年の事だけど、面倒くさいなあ~。

役所が混んだりしても怖いし。

コロナで大変なんだから、今年は無しになればいいのに。

ダメですかね?(ゝω・)

 

↓ブログランキングに参加しています。

 ポチッと押していただけると、励みになります。

 ブログランキング・にほんブログ村へ