平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

2020年4月4日のリウマチ日記 膠原病患者とコロナ感染

f:id:hitanoko:20200404180806j:plain

昨日の日記に『最近、咳のひどい日がない』と書いたばかりなのに、昨夜(就寝前あたり)から咳が出始め(-_- )、夜中も何度か咳に起こされ、、。

 

朝もけっこう出たので、たまらず強めの咳止め(コデインリン酸塩散)を飲みました。

 

短い間だったな~。

 

咳が出ると、《体力を奪われるテンション下がるやる気が出ない》という負のスパイラルに陥るため、我慢していたコーヒーを解禁。( ̄∇ ̄)ハッハッハ

 

コーヒー飲んだ後に体温を測ったら、34.4度しか無かったけど。

おかげでテンションだけは高い状態。

(o^▽^)oウェーイ

 

これはもう、カフェイン中毒?

 

それでもいいの。

体力ない分、気力だけでも上げないと。

 

ウチの近所のドラッグストアも、毎朝ご老人が並んでいるようで。

その体力、気力が羨ましい。

 

私から見たら、立派なリア充だよ!

おじいちゃん、おばあちゃん!

 

私なんて、外に出られず一日中部屋の中ですよ。

スマホがあるから、なんとか外と繋がっているような気がしているだけ。

 

そんなスマホ三昧の生活で、ちょっと気になる情報が。

 

『膠原病の患者は、コロナに感染しにくい』

なるもので。 

 

本当~?免疫抑制剤使っているのに?

 

ちょっと気になり、調べてみました。

 

以下引用

更新日:3月9日

Q1:免疫抑制薬や生物学的製剤を使い続けていても大丈夫ですか?
A: 現時点では、免疫抑制薬や生物学的製剤などの免疫抑制治療を受けている方がCOVID-19にかかり易くなるというデータはありません。COVID-19にかかった場合に、重症化の可能性が高くなると報告されているのは、糖尿病、高血圧、心疾患、脳血管疾患です。一方、免疫抑制治療の減量・中止によってリウマチ性疾患が再燃する恐れがあります。また、COVID-19の悪化には肺における過剰な免疫反応が関与している可能性が考えられています。これらのことから、免疫抑制薬、生物学的製剤、抗リウマチ薬、ステロイドは、原則として同じ用量で続けていただき、感染症の症状がある場合は重症になる可能性もありますので、主治医の先生にご相談ください。また、COVID-19をはじめとした感染予防の一般的な留意として、アルコール手指衛生剤を用いた手指消毒、あるいは、石鹸による手洗いをこまめに行うようにしてください。
 参考資料:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)-水際対策から感染蔓延期に向けて-(2020年2月21日)
 出典:日本感染症学会

引用元:一般社団法人 日本リウマチ学会ホームページ

 

これを読む限り、現時点で

《免疫抑制薬や生物学的製剤などの免疫抑制治療を受けている方がCOVID-19にかかり易くなるというデータはない

《重症化の可能性が高くなると報告されているのは、糖尿病、高血圧、心疾患、脳血管疾患》

という事が分かっているだけで、《膠原病患者がコロナに感染しにくい》という訳ではなさそう。

 

ただ、ツイッターで見たとある膠原病の医師の方が言うには、

「膠原病の患者だからといって、感染症にかかりやすいという印象はあまりない。」

とのご意見もあり、闇雲に怖がらなくてもいいのかな?とも思います。

 

とはいえ、患者さんの中にはステロイドやその他の薬の副作用などで糖尿病や高血圧の人もいるでしょうし。(私も高血糖)

そういう人は、気をつけないと。

 

まあ、未知のウイルスだし、未経験の状況なのでまだデータが無いだけと考えておいた方が安全、かな?

 

私個人の意見としては、ただ単に《人一倍、気をつけている》か《外に出てない、出られない》だけのような気もするけど。

 

家族の方達も、すごく気をつけているんじゃないですかね。

 

ウチは今、姉と私の2人暮らし。

私は働いていないので、一日中部屋の中で過ごしていて。

姉は外に働きに出ていて、電車通勤。

 

その姉が一番恐れているのが、自分がウイルスを持って帰って私にうつす事。

 

感染したら大事になると思っているから、外でもかなり用心しているらしくて。

 

電車に乗っている時も、人との距離を出来るだけとるとか、顔や目が痒くても触らずに我慢するとか。

 

ウチの玄関にアルコール消毒のジェルが置いてあって、まずそれで消毒してからじゃないと部屋に入って来ない。

入って来ても、着けていたマスクを捨ててからうがい手洗いをし、その後じゃないと私のそばには来ません。

 

そのぐらい、気を使ってくれています。

愛情を感じる、、。(T^T)

 

きっと、他の患者さんの家族も同じように気をつけているんじゃないですかね?

 

なので、感染を防ぐには膠原病患者さんに限らず、みんなで引き続きうがい・手洗い・アルコール消毒などを心がけて行くことが大切ですね。

 

↓ブログランキングに参加しています。

 ポチッとよろしくお願いします。↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 出前、宅配は楽天デリバリーから!

 楽天ブックスは品揃え200万点以上!