平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

2020年4月1日のリウマチ日記 低体温について


f:id:hitanoko:20200401151138j:image

今朝体温を測ったら34.6度しかなくて、反対の脇でもう一度測ったら34.0度。

 

『ウソーー!』il||li (OдO`) il||li

 

マジで焦りました。

低すぎですよね?

 

コーヒー飲んじゃったよー。

余計に冷えるじゃん。

 

急いでググってみたら、低体温の症状に頭痛や肩こり、腹痛とかあって。

そういえば最近肩がこるし、昨日は消化不良のような腹痛があったし、夕べから謎の頭痛が、、。

 

全部当てはまってる!∑(OωO; )

 

これはまずいと思い、ちょっと詳しく調べてみました。

 

【目次】

 

 

低体温とは

36度より下になると低体温と言えるようです。 

中には34度台の事もあり、この《34度》という体温は、山などで遭難した人が生命回復出来るかどうかの判断にもなる『生死の境』らしい。(私やばい)

これより1度下がったら、もう自力では体を動かせなくなるそうです。

怖いですね。(-ω-;)

健康な人ならば平均36.5度くらい。

昼間の活動時間であれば37度あることも多いみたいです。

 

 

原因

筋肉量が少ない、ホルモンのバランスが乱れている、ストレス、自律神経の乱れなど。

 

 

体温が下がるとどうなる?

このご時世、一番気になるのが『免疫の低下』です。

風邪などの感染症にかかりやすくなるのはもちろん、花粉症などのアレルギーも出やすくなるらしい。

『癌は35度を好む』と言われているそうで、癌になるリスクも高まるそう。

また女性にとって気になる事に『代謝の低下』によって起こる《肥満になりやすい》《老化が早くなる》などもあります。

 

実は私、もともと花粉症だったんですが、リウマチになってからはあまり症状が出てなかったんですよね。

でも今年はやけに反応するな~と思っていました。

もしかしたら、低体温のせいかも、、。

 

 

症状

頭痛・肩こり・腹痛・疲れやすい・やる気が出ない・生理不順・眠りが浅い等々。

 

これまた、最近私にたびたび起こっていた症状の列挙、、。(^◇^;)

疲れやすい・やる気が出ないのは、まあいつもの事だけど~。(^з^)-☆

 

 

体温を上げる方法

即効性があるのは入浴です。

体を温めるだけでなく、ストレス値も下がります。

 

その次は、体を冷やさないよう暖かい服装を心がける。(当然ですが、、)

 

次に体を温める食品を摂る。(根菜類・豆類・肉類・ショウガ・ニンニク・唐辛子等々)

 

また、糖分をエネルギーや熱に効率よく変換するにはミネラルが必要なので、ミネラルを多く含んだ食事を心がける

特にビタミンB群亜鉛などは積極的に摂ったほうがいいらしい。

 

そして、根本的に改善するには運動です。

筋肉量が増えると発生する熱量も増えます。

熱の実に70%を作っているのが筋肉だからです。

特に下半身の筋肉を鍛えるといいらしい。

なぜかというと、下半身は大きな筋肉が多いので(太ももとか、お尻とか)、効率よく筋肉量が増やせるからです。

 

後は体を冷やすものを摂らない

コーヒーやビールが体温を下げるのはよく知られていますが、砂糖や果物も体を冷やすようです。

最後にタバコを吸わない

血管が収縮して代謝が下がり、結果発生する熱量も下がるらしい。

 

確かに私も運動してない。

ちょっと動くと咳が出るので、あえて動いていませんでした。

でも最近『筋肉落ちたな~』と、心配になっていたんですよね。σ(^◇^;)

 

反省。

 

 

まとめ

放っておくと、いろいろな症状が出て時に深刻な状況になることもあるようですが、でも必ず改善できる事でもあります。

特に今は新型コロナの感染者が日に日に増えている状況でもあり、自分の免疫力を下げない事が何よりの防御になるはず。

そのためにも、今後は私も低体温を改善するように努力して行きたいと思います。

 

ちなみに。

免疫アップを謳ったサプリメントなども、体温が低い状態で摂取しても効果はあまり期待できないそうです。

まずは体温を上げることが一番の免疫力の強化になるようですよ。

 

コロナに感染する人が一人でも少なくなりますように。

 

↓ブログランキングに参加しています。ポチッと押していただけると、とても嬉しいです!↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ