平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

2020年3月8日のリウマチ日記 体調の波について


f:id:hitanoko:20200308162533j:image

昨日、私の住んでいる辺りは朝からどんよりとした曇り空。

その影響なのか、朝から咳が多くてつらかった。

 

私はリウマチと、合併症として間質性肺炎、更にシェーグレン症候群も患っております。

今リウマチは安定している方だと思いますが、間質性肺炎による咳にずっと悩まされています。

 

更に昨日は肺が酸素を取り込む力も弱く感じました。

息が切れて切れて。

 

なので、仕方なく咳止め薬のコデインリン酸塩散を服用しました。

 

前にも書きましたが、このお薬は微量の麻薬成分が入っているので、あまり飲みたくないんです。

でも我慢できずに午前中に飲みました。

 

それでも一日通してかなりの咳が出て、かなり体力を消耗。

ぐったりして就寝しました。

 

そして今日は朝から雨模様。

天気が悪い事には変わりないですが、今日の方が咳が少ない。

 

やっぱり私は『天気が崩れる前』に体調が悪化する事が多い気がします。

 

〈雨が降る前〉とか〈台風が大きくなる前〉とかです。

低気圧にとても関係がある気がする。

 

だから、《爆弾低気圧》というワードが天気予報で流れると、正直かなりびびります(笑)。

自分の感覚として、低気圧が急激に発達している時ほど体の異変を感じるからです。

 

それと、体調に影響を及ぼしていると思うものに〈生理〉があります。(男性の方には苦手な話かもしれませんが、スミマセン)

 

リウマチの症状が強く出ていた頃は、生理中はその(リウマチの)症状が緩和されているような感じがありました。

 

痛みが軽いんです。

 

症状が強い時には、たまに来る痛みの軽い日が中休みみたいに感じられて、ちょっと嬉しかったりしたものです。

 

リウマチ発症の一因にも女性ホルモンが関わっているらしいので、発症してしまった後にも体調の変化に影響を及ぼすのかもしれませんね。

 

でも、この〈生理〉。

間質性肺炎にはあまり良くないカンジ。

 

本っ当に息切れします。

 

呼吸数が多くなると、その刺激で肺が疼いて咳が出る。

一度咳が出ると、咳が咳を呼ぶように次々と出てきて、、、。

肺や気管支の粘膜が、とても敏感になっている感じなんですよね。

 

ただでさえ、今の時期はスギ花粉がピークじゃないですか。

花粉症持ちでもあるので、その刺激でも咳が止まらなくなる時があるのに。

 

早く花粉の時期、終わらないかな~。

気温が高くなれば、もう少し体調がよくなるかもしれないし。

 

先生が言っていたんですけど、やはり冬の時期は体調が悪化する患者さんが多いらしいですね。

 

あー、間質性肺炎もシェーグレン症候群もまだ発症していなかった頃が懐かしい。

リウマチだけだった頃は、もっと気楽に過ごせていたなぁ~。

 

と、遠い目で回想する私、、。(-_- )

 

楽に生きたい(笑)。♪(´ε` )

 

↓ブログランキング参加中

 ポチッていただけると励みになります!↓

 ブログランキング・にほんブログ村へ