平坂散歩

リウマチという病気を患者の立場から語るブログ

術後のリハビリ!ひたのこリウマチ闘病記(13)

 どうも、ひたのこです。

 

今回は手術後のリハビリのお話しです。

 

けっこうハード!手術後のリハビリ


f:id:hitanoko:20200219143338j:image

術後二日目に、傷口の消毒をするために初めて手術した箇所を見ました。

 

膝のお皿のまわりに三カ所、想像していたよりも小さめの傷があり、そのうちの二カ所は黒い糸で縫合してありました。

 

そしてもう一カ所からはストロー状の細長いビニールみたいな物が出ていました。

 

「これ、何ですか?」

と聞くと、

「手術後に膝に溜まってくる血や体液を外に出すための物だよ。」

と教えてくれました。

 

見れば確かにふくらはぎの横などに血が流れて乾いたような跡が。

 

見た目ちょっと怖いけど、特に問題もなく傷口もキレイだとの事。

 

よかった~。( ^^)

 

でも、三日間は抗生剤を投与するために点滴が外せませんでした。

 

 

驚いたのは、術後すぐリハビリが始まった事です。

 

記憶が定かではないのですが、確か点滴が外されてすぐだったと思います。

 

『まだ抜糸もしていない状態で始めても平気なのかな?』と不安な気持ちでリハビリをしていた事は覚えています。

 

まずしたのは、手すりに掴まって歩く練習でした。(よくテレビなんかで見るような感じのアレです)

 

初めは痛みを感じましたし、何より上手く力が入らなくて、ちょっと苦戦。

 

だって、膝が曲がらないんですよ。

もうギプスは外れているのに。

 

次にしたのは、(仰向けに寝転がった状態で)足首におもりを付けて足を上げる運動でした。

膝関節を守るには、膝上の筋肉を鍛える事がとても重要だそうなので、その為の運動ということですね。

 

最後はリハビリの先生がマッサージをしながら少しずつ膝を曲げていきます。

術後すぐに曲げる練習をしないと、膝が癒着して曲がらなくなってしまうらしいです。

でも、地味~に痛い、、、。

 

これを毎日おこないます。

 

家で一人でおこなっていたリハビリは、つらくない程度に“ユルユル~”っとしていました。

自分にあま~い。 (o゜▽゜)o

 

が、リハビリの先生の指導の元おこなうリハビリは、なかなかハード。

額から汗が流れます。

 

足あげの時に付けるオモリも最初は2キロだったのに、2~3日経ったら5キロに増やされ、回数もどんどん増えていく。

その指示を笑顔でする先生、、。

 

結構、ドS? (・_・;)

 

そんな感じで頑張った甲斐もあり、程なく手すりが無くても歩けるようになって来たので、次の段階へ。

 

 

縦に垂直に線が入った大きな鏡の前での歩く練習です。

 

自分の体の中心に線がくるように真っ直ぐ鏡に向かって歩くのですが、手術した左側が弱いので初めはどうしても中心からずれて行くんですよ。

それを鏡で確認しながら、常に線が体の中心にくるように意識して、何度も歩きました。

階段を上り下りする練習もしました。

 

歩行訓練はとても順調でしたね。

努力した分成果が出るので、やり甲斐もありましたし。

 

でも、なかなか膝が曲がるようにならないんです。

毎日先生がマッサージをしてくれて、曲がるようにはなっていくんですけど、本当にちょっとずつなんですよね。

 

そうしてリハビリを続ける中、何日目かは覚えていないのですが(スミマセン)、ようやく抜糸する事ができました。

 

『翌日からはシャワーを浴びてもいい』との事だったので、さっそく次の日の午前中にシャワーを浴びたのですが、その時の気持ち良さといったら。

もう最高!(≧∇≦)b

 

そして抜糸した(シャワーを浴びられるようになった)事で、リハビリにも変化が。

 

リハビリ室には専用の浴槽があるのですが、それで足を温めてから先生のマッサージを受けるように指示が出ました。

気泡がすっごい出るジェットバスみたいなやつです。

 5~10分程温めると、足が真っ赤になるくらいスゴイやつ。

 

温めると、曲がりやすくなるんですよ。

このおかげで、曲がる角度が日に日に上がっていきました。

 

そしてある日、いつものように先生のマッサージを受けながら他愛もない話をしている最中、

《ガンッ!》

と、突然とても強い力で一気に膝を曲げられました。

本当に突然。

 

「ぐわっ!」(;゚д゚)

 

思わずうめき声がでます。

(だって、痛いんだも~ん。)

 

多分先生はこのタイミングを計っていたのでしょう。

 

警戒をさせないように私とおしゃべりをし、私が油断しまくっているのを確認して、

 

『今だっ!』(ΦωΦ)☆キラ-ン

 

と力を入れたのです! ←※あくまで推理

 

完全に不意打ち。やられたわ~。

 

でもこれ以降、膝のなかで《くっついていた何かが剥がれた》かのように、膝が曲げやすくなりました。(実際、ベリッと何かが剥がれた様な感覚がありました。)

 

この位曲がるようになれば、とりあえず生活に支障は無いはずです。

 

そして、ついに退院の日が決まりました。

 

退院の日までリハビリは続けましたが、その際に先生から色々なアドバイスを受けました。

『リウマチ患者は外反母趾になりやすいから、5本指の靴下をはいた方が良い』とか、『杖を使った方が足への負担が軽くなる』等々…。

 

こうして無事に退院となりました。

入院期間はおよそ2週間。

入院前に想像していたよりも、あっという間に過ぎた日々でしたね。

 

             ~つづく~

 ↓ブログランキングに参加しています。

 ポチッとしていただけると、嬉しいです。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ  

 ↓闘病記の続きはこちら↓

www.hitanoko.com